nanasa's Weblog

2011/01/04

Infernal, PhysX, ALchemy

Filed under: Creative ALchemy, Infernal, NVIDIA PhysX, PC Game — nanasa @ 21:15

Infernal起動時に(最新版のPhysXをインストールしていたとしても)PhysXのインストールを要求されゲームが起動しない場合は、Infernalをインストールしたフォルダにある
PhysX_6.10.05_SystemSoftware.exe
を実行し、インストールすると良い。ただし、この場合、現在インストールしているPhysXはこれより新しいバージョンであってもアンインストールされるので注意が必要となる。

これは、2011/1/4現在、NVIDIAサイトからダウンロードできる最新版の
PhysX_9.10.0513_SystemSoftware.exe
には、Infernalが要求するv2.5.2というバージョンが含まれていないから起こる問題らしい。

プレイ中だけとは言え古いバージョンをインストールし続けるのもどうかという場合は、前述のPhysX_6.10.05をインストールしたフォルダから
v2.5.2
という名前のフォルダを控えておいて、一旦アンインストール。
その後最新版のPhysXをインストールして、Engineフォルダ以下に先ほど確保したv2.5.2フォルダをコピーすると、最新版でかつInfernalが動作するPhysX構成を実現できる(……はず。わざわざ省かれているため、あえて追加することで何らかの問題が発生する可能性は有るかも)。

上記のような面倒な手順を取らなくても、現行のPhysxドライバーとは別プロダクトとしてインストールされる、Nvidia Physx Legacy System Softwareをインストールすれば良いようだ。下記ページのリリースノートによると、この互換ドライバーが必要なゲームは他にもあるようなので、微妙に古いゲームを遊ぶ場合にはインストールしておいた方が良いのかもしれない(2014/12/29追記)。
http://www.nvidia.co.jp/object/physx-9.13.0604-legacy-driver-jp.html
PCゲーム道場の道場主雑記によると、上記Legacy Driverは単にインストールしただけではInfernalには対応しないとのこと。Physxインストールディレクトリーを確認すると、Legacy Driverをインストールしても確かにv2.5.2は存在せず、Infernalも起動しなかった。対処法はあるようだが、Infernalと合わせてインストールされる古いバージョンを利用するのが確実なのでは。
なお、本問題の確認に合わせて日本語版 Windows 10 Pro x64 バージョン 1511で起動確認を行った。New GameからMission 1まで正常に動作することを確認。3D SoundもAlchemyで有効化できた。おそらく動作に問題は無いと思われる(2016/1/23追記)。

また、Vista/7では3D SoundにALchemyが必要だが、初期設定のままではカットシーンでの音声の出だしにStutteringが発生した。ALchemyサイトでは、Duration(時間)を10に設定するよう指示されている。

広告

3件のコメント »

  1. PC ゲームが起動しない・安定しない場合に確認と設定したほうがいいかもしれないリスト

    PC ゲームは、Windows などの OS やそのバージョン(Windows 7、8.1、10、さらにそれぞれ 32bit 版と 64bit 版)、搭載しているハードウェアやインストールするドライバにより、非常に複雑な PC 環境でゲームを起動・プレイするため、メーカーが想定していないような思わぬトラブルに出くわすことがあります。 PC を構成する数々のパーツはよっぽどの粗悪品・不良品に当…

    トラックバック by awgs Foundry — 2019/05/10 @ 18:22

  2. わざわざコメントありがとうございます。いつも楽しくサイト見させていただいております。
    Infernalの件については、やはり他のバージョンのインストーラーに含まれているv2.5.2を取り出す必要があるのですね。実際フォルダコピー程度で動くわけですし修正が難しいものでもないでしょうから、NVIDIAには対応して欲しいところです。
    なにはともあれ参考になりました。情報ありがとうございました。

    コメント by nanasa — 2016/01/25 @ 23:39

  3. 初めまして、青龍です。Infernalの件ですが単に使用しているAGEIA PhysX v2.5.2のフォルダが抜け落ちているだけなので、通常のPhysXドライバに含まれていた頃のフォルダだけを抜き出した物が配布されています。これを解凍してPhysXの該当フォルダに入れれば良いだけ。内部のDLLがこのバージョンだけ違うとかでもないようですし単なるミスなのか、それなら誰も気付かないのか?謎です。
    http://community.pcgamingwiki.com/files/file/512-ageia-physx-engine/

    コメント by Seiryu_PGD — 2016/01/24 @ 02:44


RSS feed for comments on this post. TrackBack URI

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。